飲食店チラシ・スポーツクラブパンフレット制作(長崎県諌早市)

TEL0957-21-1338

低コストで制作するコツ

チラシ・パンフレット制作

①「何のために制作するのか?」パンフレット・会社案内の目的をはっきりさせる

② 「ストロングポイントのアピール」他社との違いや、オリジナルを具体的・明確にする

③ 「どうやってみてもらうのか?」制作物をどのように設置・配布するのか検討してから、フライヤー・リーフレット、ポスターなどの制作物を決める。「拡散方法」により最適なものを選ぶ

⇒ そして、読み手(顧客)に向けたメッセージとして伝える事が出来るようデザインをしていきます。

「いつ」「誰に」「どのように」の3つが重要

今回あなたは、なぜチラシを作成するのでしょうか?
会社案内・施設案内・商品販売や、サービスのアピールなど、様々な理由があると思います。
さらに、そのチラシはどのようにして配布するのでしょうか?

新聞折込み、街角での配布、お店に置いてもらうなど、こちらも多種多様な方法があります。
いつどこでチラシを配布するのか、読んでもらいたいターゲット層をしっかりと整理し伝えて下さい。
そうする事で、チラシの大きさや紙の質、文字のサイズや色遣いなどが決まる事となります。

当たり前ですが、大人に子供向けのチラシを配っても、それほど効果は望めませんし、またその逆も効果は薄いでしょう。
ターゲットを絞り込み、効率よく相手に伝えられるデザインをお客様と一緒に考えていきます。

「とりあえず・・・」で作ると読み手に伝わらない

パンフレットや会社案内を作るとき、商品販売・サービスのアピール点などは、お客様(企業側)に用意して頂きますが、一緒に考えることも行いますので安心してください。
ただし、何も知らない制作会社に、「全て任せます」と言う方もいらっしゃいますが、お客様(企業側)の「アピールポイント」が何なのか? こだわりの商品があり、どこが他社との違いなのか? ヒアリングを行わないとわからないことはたくさんあります。ただでさえ忙しいのに、原稿を用意する時間なんて取れないよ!と妥協するのはよくありません。

準備が面倒だからとなれば、「とりあえず」で作ってしまうのです。

「とりあえず」で制作してしまえば、制作会社にも伝わらず出来のいいものができない・・・→読み手(顧客)に思いを伝える事ができない。となってしまいます。一緒に考えていきますので、お気軽にご相談ください。

折込チラシはホームページ誘導きっかけになる!?

チラシの内容次第では、チラシを見て

「この店の料理は、こだわりがあって美味しそうだし、もっと詳しく知りたいね♪」

   → ホームページを検索して、もっと詳しい内容を確認

「食材選びにも気を遣っているし、ここなら安心♪」

   → お客様のご来店

新聞折込広告や、チラシを見てさらに詳しく調べるためにインターネットで調べた経験がある人は??
チラシを見て約55%の人が、詳しい情報を得るためにインターネットで検索するそうです。

↑ PAGE TOP